薬用化粧品が医薬部外品になるのはなぜ?

薬用化粧品が医薬部外品になるのはなぜ?

化粧品とは、人体に対する作用が緩和なもので、石鹸、シャンプー、スキンケア用品、メイク用品など、皮膚、髪、爪の手入れや保護、着色などに用いられるものです。薬事法では、人体に作用する物質を、医薬品、医薬部外品、化粧品で分類していますのです。OEM企業に製造を委託するならば、薬用化粧品を自社のブランドとしてすぐに発売できるようになってくるでしょう。しかしながら、臨床試験の実施には、費用とコストがかかるため、小規模な企業では製品化が困難です。そこで活用さているのがOEM企業(他社ブランドの製品を製造する企業)の活用です。医薬部外品とは、人体への作用が緩和な、厚生労働大臣が指定する成分で、化粧品に含まれている成分としては肌荒れ、にきび防止、美白成分などが該当します。薬用化粧品は、その名の通り、薬用効果を期待して使われるもので、有効成分が含まれるので医薬部外品に該当します。医薬部外品は、一部を除いて、臨床試験を実施して、有効性と安全性を評価し、厚生労働大臣の製造販売許可を受けることが必要です。つまり、薬用化粧品は、堂々と包装や広告で効能・効果をアピールすることができます。種々の医薬部外品の製造が可能なOEM企業があるのだから、製品ラインアップを増やしたい場合には利用する方がよいでしょう。。医薬品とは、病気の診断、予防、治療に用いられるものだ。

トップへ戻る